包装材料自身が酸素吸収機能を持ちます。
フィルム透過酸素を捕捉し、
アルミ箔並みの酸素バリア性を有します。

製品開発コンセプト
包装材自身が酸素吸収機能を持っていますので、脱酸素小袋を省略できます。
そのため誤飲の心配がありません。
脱酸素小袋を省略でき、タイプ100は透明で、しかもアルミ箔構成材を上回る酸素遮断性があります。
機能と特長
酸素吸収性

タイプ100タイプ200

・・・
包装内部の酸素を吸収します。酸素吸収速度により2タイプあり、
ゆっくり(タイプ100)と急速(タイプ200)2種類をご用意しています。
酸素バリア性

タイプ100

・・・
0.1cc/㎡/day未満の優れた酸素バリア性を長時間にわたり維持できます。
透明性

タイプ100

・・・
包装材本体が透明なので、内容物が良く見えます。
吸収能視認性

タイプ200

・・・
酸素吸収能の有無で色相変化(濃紺→ベージュ)し、吸収能有無が
一目瞭然です。
吸収トリガー不要

タイプ100タイプ200

・・・
水分(酸素吸収開始トリガー)が不要で、内容物に余分な制限が
ありません。
金属探知機適用

タイプ100タイプ200

・・・
アルミレスが可能ですので、金属探知機を適用できます。
構成例